琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

医療

「医者になるための条件」と「良い医者になるための資質」

昨日御紹介した菅谷先生の『チェルノブイリ診療記』を読んで、以前『いやしのつえ』というサイトに書いた、この文章のことを思い出しました。 参考リンク:ホルマリンと解剖実習 この「ホルマリンアレルギーという事実は、彼女にとって辛いものだったんだろ…

医学部を出て主婦になるのは悪いこと?

まずはこちらを。 参考リンク:Togetter - 「医学部を出て主婦になるのは悪いこと?」 うーむ、これを読んでいてまず感じたのは、ここで槍玉に挙げられている「医学部を卒業して、専業主婦になる女性」って、そんなに大勢いるの?ということでした。 間もな…

精神疾患の徴候のある青少年はインターネット中毒になりやすい

「Medical Tribune」の2009年11月19日号で、こんな論文が紹介されていました。 以下、「Medical Tribune」の記事より。 〔シカゴ〕高雄医科大学と同大学病院(台湾・高雄)精神科のChih-Hung Ko博士らは、精神疾患の徴候が認められる青少年はインターネット…

「移植を待つ親は、子が脳死になったら臓器を出すか?」という傲慢な質問への回答

移植を待つ親は、子が脳死になったら臓器を出すか? (by「感じない男ブログ」(2009/7/12)) ↑のエントリを読んで。「臓器移植法改正A案」については、あらためて書くつもりなのですが、僕はこのエントリを読んで、なんだかすごくいたたまれない気持ちになり…

「置いた」と「抱かせた」

謹んで、お亡くなりになられた女性のご冥福をお祈りします。今朝のネットで、こんな2つの記事を目にしました。毎日jpの記事 妊婦死亡:母子対面できず「悲しい」「改善を」夫が訴え 東京都立墨東病院(墨田区)など8病院に受け入れを断られた後に脳出血…

大野病院産婦人科医に無罪判決

帝王切開死亡事故 大野病院産婦人科医に無罪判決 福島(MSN産経ニュース) とりあえず安心しました。 しかし、「医療は万能じゃない」「医者は神じゃない」という現場の感覚と、「医療というのは、完璧でなくてはならない」という社会のイメージのせめぎあい…

「2.18」

我々は福島大野病院事件で逮捕された産婦人科医の無罪を信じ支援します。 この事件に対する僕のスタンスというか考えは、ちょうど1年前に書いた 我々は福島事件で逮捕された産婦人科医の無実を信じ支援します。 最後になりましたが、医者であるかどうか以前…

厚木市立病院ってトラブル多くないですか?

毎日新聞の記事 厚木市立病院:「他に急患」診察せず、転送直後に死亡−−先月 /神奈川 ↑の記事を読んで、暗澹たる気持ちになっているところに、↓を発見。時系列的には、今回のトラブル以前の話です。厚木市立病院ってトラブル多くないですか? (Lococom(ロコ…

患者を救うのが医師や病院の義務である。

妊婦たらい回し また義務忘れた医師たち(産経)(by SueMe SubLog) ↑で紹介されている産経新聞の記事には、思わず苦笑してしまいました。全文読めばおわかりいただけると思うのですが、 それにしても、痛みをこらえる患者をたらい回しにする行為は許されない…

「QQ車」って書きますか?

QQ車、という略語の知名度(by 『人生事件』 (07/7/3)) 確かに医療関係者で「救急」を「QQ」って書く人って最近けっこう見るような気がします。その「QQ」に人の命がかかっていると考えれば、なんとなく「不謹慎」な気がしますが、その一方で、あまり…

医学部学生が「ミス」同時受賞

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/01/23/03.html こういう記事が出ると「医学部の学生なんだから、勉強しろ!」とか言い出す人も出てくるのですが、僕は別にいいんじゃないかと思うんですけどね。ただ、医療の世界ってほんと地味なので、…

「よこはま  と胃腸の病院」

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061207k0000e040048000c.html(病院の看板の画像あり)「乳」という言葉に問題がある、というような理由なのかと思ったのですが、 市は体の部位を示す「乳腺」が診療科名に当たると判断し、医療法施行令で広告が…

三重県尾鷲市、産婦人科医との交渉決裂

http://d.hatena.ne.jp/shy1221/20060901/p3↑のサイトで紹介されている経緯を読んで思ったですが、これはもう「市が悪い」「産婦人科医が悪い」というような問題じゃなくて、単に「条件闘争」の結果として、「お互いの条件が合わずに決裂」というふうに考え…

医学部の定員が110人増

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060831i208.htm 1982年以来の方針転換だそうなのですが、少なくとも僕が大学受験を意識しだした頃からずっと、医学部の定員というのは減り続けていたわけなので、まさに「歴史的転換」。 しかし、「医者が余る…

医師無罪に検察控訴、割りばし幼児死亡事故

http://www.asahi.com/national/update/0407/TKY200604070279.htmlなんだか、僕はもう虚しくなってきました。自分がもしこんな状況に置かれてずっと裁判で責められ続けたら、なんのために生まれてきたのだろう?としか考えられないと思います。 というか、あ…

割りばし死亡事故、「延命の可能性低い」として医師に無罪判決

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060328it11.htm正直、同業者としてはホッとしました。あの状況で「有罪」になって刑務所に入らなければならないとしたらあんまりです。 参考:http://www5f.biglobe.ne.jp/~iyatsue/suginami.htmただ、この記事を…

判決前夜

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060327ddm041040075000c.html【証人出廷した文栄さんは、自分が悪かったように「100%担当医の責任と考えているのか」と問われたこともあった。「こんなにつらいなら、事実なんか分からなくていい…

「説明がよくわからなかった」

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060327i203.htmこの事件に関しては、後日、本サイトのほうに書こうと思うのですが、↑の記事を読みながら、「僕ももしこんなふうに事件の当事者になったら、『あの医者の説明はよくわからなかった』って言われそう…

「手前味噌」なのは、誰?

http://www.oriori-no-uta.com/diary/?date=20060221↑の記事を読んで、僕はまず「まったくもって、マスコミってのはバカだよなあ」と苦笑してしまったのです。だって、「あなたにとって、衣食住のうち、どれがいちばん重要ですか?」なんて問われた人が「食…

アガリクス、発ガン性の疑いで販売停止に

http://health.nikkei.co.jp/news/top/index.cfm?i=2006021308604h1このニュースって、元気な人が読むと「そんなとんでもないもの売りやがって!」という話になるのかもしれませんが、この「アガリクス」に期待をして使っている人の多くが、現代医療では手の…

救急診療

http://d.hatena.ne.jp/zaw/20060101#p2本当に、こうやって声を上げてくれる病院があるというのは、とてもすばらしいことだと思います。しかしながら、先日病院経営コンサルタントの方と話をする機会があったのですが、彼らは「救急は、とにかく断らないでな…

恐怖の検索ワード

先日、某先輩医師と話したこと。先輩「お前、自分の名前って、Googleとかで検索したことある?」 僕「いえ、ないです」 先輩「俺、このあいだ検索してみたら、研究業績とかと一緒にさあ、自分の患者さんが書いているブログに自分が出てきて、なんだかいろい…

ビミョーな医者

http://joy.tdiary.net/20051201.htmlなんだか読んでいて、申しわけない気分になってしまったのですが、一応、どうしてこうなってしまうのか、について少々。 たぶんですね、この外来で説明する係の先生に微妙な間ができてしまうのは、本人も確認しながら話…

「守備範囲」について

http://neikochang.exblog.jp/1988012/ああ、なんというか、こういう「じゃあお前は何なんだ!」と言いたくなるベテランの先生っているよなあ、とか思いました。そんなふうに逆ギレして説教するなんてねえ… なんかもう、「被害者友の会」を作りたいくらいで…

どうしたら産科医は増えるのか?

http://shy1221.exblog.jp/2538031/たぶん、この記事を書いた記者は、それなりに頑張ってこの文章を書いていって、さて結論、というところで、「どうやったら産科医志望者が増えるのか?」という最大の問題点に対する答えを出すことができなかったのだと思わ…

研修医と私

http://shy1221.exblog.jp/2194834#2194834_1僕も以前は研修医で、逆に研修医を指導したりする立場になったこともあるのですが、研修医時代にいちばん辛かったのは、「自分の話を聞いてくれないオーベン(指導医)」でした。「なんでもオレの(私の)言うと…

疑惑のcool-tip

http://f1.aaa.livedoor.jp/~misayama/cooltip/現在日本で肝臓がんの局所治療にもっとも使用されている(と思われる)cool-tip焼灼システムが、なぜか突然9月1日から「保険適用取消」に。なんでも、厚生労働省の偉い人から、 【貴社(タイコ ヘルスケア ジ…

女性は女医指向?

mariboo's blog(7/27)[女医指向」 http://goby.jp/m/archives/000531.htmlS.Y's Blog(7/30)「女医は女医指向か。」 http://shy1221.exblog.jp/2134848/確かに、産婦人科の場合、男の医者に診せるのはちょっと恥ずかしい、という気持ちになる患者さんの気持…

新薬と世界

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2005/06/post_352d.htmlほんのわずかな金額(数百円単位)で、途上国のたくさんの子供たちにワクチンを打つことができる一方で、「この人がよくなるのは厳しいだろうな」という高齢の患者さんに、高価かつ希…

研修医は労働者!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050603-00000004-yom-soci当然といえば、当然すぎる判決。 でも、医者の仕事というのは全体的には減っていないので、最近では「研修医を働かせすぎてはいけない」ということで、中堅クラスに負担がかかりまくっています…

治療に向かわせる「動機付け」

http://med-legend.com/mt/archives/2005/05/index.html#000677僕は内科医なのですが、「今は症状も何もないのに、どうして治療するんだ?」ということでドロップアウトしてしまう生活習慣病の患者さんをたくさん診てきています。そして、糖尿病で言えば、そ…

造影剤の使い分け

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=335653&log=20050517僕も読んで苦笑してしまいました。 まあ、確かにそんなに大きな違いがないなら、現場ではそんなものなんですよね。

内視鏡での胃がんの見落とし

http://d.hatena.ne.jp/chirin2/20050512#p3 そうか、そんなに「見落とし」があるのか…と暗澹たる気持ちになりました。ただ、現場的には、例えば肺の場合など、患者さんが肺がんになってから、あらためて昔のレントゲンを見直してみると「そういわれてみると…

ハンディキャップ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050513-00000064-mai-soci 正直、なかなか難しい問題だと思う。コスト面では、この方だけのために、研修制度を全部見直すのは見合わないだろうし、「精神科なら大丈夫」って、環境をしっかり整えればできないことはない…

小児救急の現在

「夜間診療所」(by 幻想の断片)http://d.hatena.ne.jp/hibigen/20050428 「小児救急医療」(by 片付かない主婦のための片付かない日常) http://d.hatena.ne.jp/cowardape/20050430 「感想」(by putikko三昧)http://d.hatena.ne.jp/putikko/20050430 久々…

おめでたい話のはずなのに。

「ゆうかのほのぼの日記(4/6)」 http://www.doblog.com/weblog/myblog/37096/1218547#1218547こういう話は僕たちの周りにもたくさんあって、本当に医療関係者(この場合はとくに医師)の妊娠については、どこもいっぱいいっぱいでやっているだけに、きちんと…

電子カルテあれこれ

結局、電子カルテを導入して得するのは、レセプトの管理とかがラクになる事務系の人だけなんじゃないの?と思っていたら、「カルテ運びの仕事がラクになった」ということで、看護師さんたちの評判もそんなに悪くないみたいです。しかしながら、医者にとって…

肝炎ウイルスのキャリアをめぐって(大手小町)

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200408/2004082700036.htmこのトピ主の人の考えはキャリアでない僕からすれば言語道断的ではあるのですが、レスをずっと辿っていくと、なんだかとてもいたたまれない気持ちになるのです。ひとくちに「病気の人」と…

「入局」をめぐる虚々実々

http://i-akko.ameblo.jp/entry-888e79ef3d3b2e2ea9bdba6a17ab4479.htmlどこも人員確保に必死なんですよね。 でも、もし研修中に気が変わったら、それはそれでワガママ言ってもいいと思うぞ(学会費はムダになるけど)。 結局どこかでワガママ言うか、駒とし…

医師国家試験

合格者のみなさま、おめでとうございます。 どうか、みんなを少しでも幸せにして、そして、自分自身も幸せになってください。

倒れるまで働け

http://d.hatena.ne.jp/hibigen/20050328#p3本当に酷い話。でも、こういう上司はけっして少なくない。 とりあえず臨床に戻る身としては、早くもプレッシャーに押しつぶされそうです。と言いたいところなのですが、こちらでの仕事もまだ終わっていないので、…

はじめてのお手紙

http://d.hatena.ne.jp/putikko/20050304/p7確かに、面識のない先生へのはじめての紹介状って、書き出しに困ります。定型文の「いつも大変お世話になっております」とかが使えないので。 僕は知らんぷりして「いつも大変…」にしてしまうか、「お世話になりま…

終わった!!

http://d.hatena.ne.jp/nami_ikeda/20050221とりあえず試験終了みたいです。本当におつかれさまでした。 きっと今頃は、人生最高の解放感を味わっているに違いありません。僕は試験が終わったあと、駅の居酒屋で飲んで電車で帰ったのですが、疲れているはず…

医師国家試験

「今日みんな国試に出発だから、見送りに行ってくるよ」と朝、上司が仰っておりました。 WEB上にも、たくさんの受験生がいらっしゃるので、僕も先輩として、何か受験生の役に立つアドバイスを!といろいろ考えてみたのですが、僕が受験したのは、「試験が…

点滴神話

http://snail.exblog.jp/1609500/ほんと、自力で水分が取れる人なら、点滴にそんな劇的な効果はないんですけど… でも、実際に「点滴のほうが効く」という人に「それは暗示だ」と説明して理解してもらうのはなかなか難しく、「暗示でもなんでも、毒じゃないし…

ジェネリック医薬品

http://spica.tdiary.net/20050126.html#p09 病院では「ゾロ品」なんて言われていて、僕もバイト先で、 「じゃあ、○○を処方しましょう」 プルルル、プルルル… 「薬局ですけど、うちには、その薬置いてないんです」 「じゃあ、△△は?」 「あっ、それも無いで…

手術中、外科医はどうしているのか?

http://blog.goo.ne.jp/hiruandon22/e/e489c7683389e60b25430d38033e4627僕は外科医ではないので、長い手術に着替えて立ち会ったのは学生のときくらいなのですが、外科医たちは、夕方くらいまでの手術であれば、基本的に食事も摂らずに立ちっぱなしで手術を…

自宅での出産

http://d.hatena.ne.jp/chirin2/20050124#p4 ほんとうに人間というのは不思議なものだ。昔の人が「自宅出産」をしていたのは、「病院で産みたくても、病院で出産する費用がない」というのが主な理由だったのに、みんなが病院で出産することになると、今度は…

医師国家試験

http://d.hatena.ne.jp/CROCODILETEAR/20050121「医師のレベルが、年々下がってきている」という根拠が「国家試験の合格率が高い」ということだけなら、もうナンセンスの極みだと思うのですが。 正直、モラルにおいてどうかはなんとも言えませんが、どう考え…

イレッサ問題

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050120-00000156-mai-soci関連リンク:「効かない抗がん剤?イレッサについて再度考える」 http://www5f.biglobe.ne.jp/~iyatsue/iressa2.htm僕は「厚生労働省が規制すべき」とは思いません。もともとリスクが高い進行…

アクセスカウンター