琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

マメさの基準

http://d.hatena.ne.jp/cammy/20040119

僕は昔(とはいっても2年前くらいだ)後輩の女性が「メールチェックするのは、1ヵ月に1度」という話を聞いて驚愕したことがあります。
まあ、その時代は今のように重要な連絡がメールで行われるというような時期ではないにしろ。
「そのくらいで十分ですよ」という彼女に、ネット中毒の自分というのを自覚したものです。まあ、今だって届くメールの多くは「※未承諾広告」とか読みもしないメルマガばっかりだったりするのですが。

例えば1日に2回風呂に入らないと気持ち悪い人もいれば、3日に1回で満足な人もいるように(僕は基本的に毎日シャワーは浴びるけど、考えてみたら1日1回入らないと不潔だ、というのも一種の思い込みなわけで)、マメさの基準というのは、人それぞれだと思うのですよ。

たぶん、「全人類的なマメさの基準」はなくて、「その人なりのマメさ」しかないんだと思います。
 1日2回風呂に入る人は1日1回だと気持ち悪いだろうし、3日に1回の人は、1日1回だと「なんてマメなんだ!」と思ってしまう、という話で。

言い訳がましいのですが、「マメじゃないのが普通の人」とか「こまめに電話とかするのが得意じゃない」という人間は、存在しているのです。相手の都合とか考えすぎちゃってしまう場合もあるし。

しかしまあ、こういうのは難しいところで、相手を矯正するより自分に合う人を見つけたほうがいい場合もあるし、逆に「自分から連絡するのが苦手な男(まあ、僕のような)」にとっては、マメに連絡とってくれる彼女のほうが気がラクな場合もあるのだよなあ。

アクセスカウンター