琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

大槻ケンヂを救った男

http://village.infoweb.ne.jp/~fwie4125/
↑良い話だなあこれ。

芸人というのは話題になってなんぼ、という面があるにせよ、あの歌をはじめて耳にしたとき、「本人が聴いたら怒るだろうなあ」なんて考えてたんだけど。
よく、モノマネされるタレントになりたい、なんていう人はいますけどねえ。
そういえば、嘉門達夫の「替え歌メドレー」とかは著作権の問題で、1フレーズ毎にすべて諒解を得ているらしい。なかなか大変な世界だ。

しかしまあ、「情けは人のためならず」というか、この歌のおかげで高木ブーの存在感が増したような気も。

というわけで、僕も、もうちょっと若者に寛容になろうと思います。
久々に筋少聴きたくなってきた。

アクセスカウンター