琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

「アヒルと鴨のコインロッカー」(伊坂幸太郎)

読了。絶対に映像化できない作品。「本」というものの性格を意図的に利用した「ズルイ!」と思わず呟いてしまうトリック。
いろんな意味で「書ききれてないなあ」とか感じるところもあるのだけれど、それでも良い作品だと思います。

アクセスカウンター