琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

誰がそのスイッチを押すのか?

http://d.hatena.ne.jp/CROCODILETEAR/20050112#p1

 確かにその通りだと思うし、自分が望む人に引導を渡してもらえれば、それは「幸せな死」なのだろう。ただ、その「愛する人に引導を渡した側」(ボタンを押す側)にとっては、「自分がそのボタンを押して『殺した』」というのが、ずっと心残りになることもあるような気がします。「もう助からないし、苦しんでいるから」と理屈としてはわかっていても、実際に自分がボタンを押した後に呼吸が止まり、心電図が平坦になっていくのを目の当たりにすれば、多少なりとも「後悔」とか「これで良かったのだろうか…」と考えるのではないかなあ。
 そういう意味では、「医者がやったほうがいい場合もある」のかもしれませんね。

アクセスカウンター