琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

医師がホームページで患者を中傷

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050114-00000071-kyodo-soci

 「頭悪い、二度と来るな」とか書いていたそうなのですが、うーん、なんだか急に寒くなってきたような気が…「医者サイト狩り」がこれから進行していく予感…
 しかし、医者が患者の悪口を言ってはならないのはもちろんだけど、「サービスセンターもの」とか「風俗嬢の日記」なんていうのは、匿名なら悪口を書いてもいいのか?

↑の事件の「2ちゃんねる」での評価では、意外と、「医者は擁護」「ニュース速報板では叩き」という予想とは違うみたいで、どちらも温度差はあまりないようです。「本当に思っていたことを書いた」というより、ウケを狙って調子に乗りすぎて、面白おかしく書こうとしすぎてしまった」という感じなんですけどね、実際に読んだ印象としては。

http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-050113-0007.html
↑この人なんかもそうなのですが、自分ではユーモアのつもりでも、周りがどう思うかなんて、ちょっと考えればわかりそうなものなのだけどなあ。

アクセスカウンター