琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

「マンガの道」

マンガの道―私はなぜマンガ家になったのか

マンガの道―私はなぜマンガ家になったのか

11人の現代マンガ界をリードするマンガ家たちのインタビュー集。続けて読んでいると、やはり、ある種の共通した属性(周りとうまくやっていけない、というコンプレックスが強かったり、挫折体験を持っていたり)があるのと同時に、それぞれの「特徴」もみられたり。
ところで、これを読んで初めて知ったのだが、「キン肉マン」のゆでたまごって、原作(ストーリー)担当と作画担当に完全に分かれていたんですね。それって、原作担当のほうが圧倒的にラクだったんじゃないか?とか考えてみたり。いや、最後のほうはかなり苦しそうだったけどさ。

アクセスカウンター