琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

「長文」とは、どのくらいの長さ?

「駄文にゅうす」http://ariel.s8.xrea.com/さんが、この「風が吹けば桶屋が儲かるか?」(http://dempa.moe-nifty.com/taro69/2005/09/post_9b9c.html)という記事に対して、【ところで原稿用紙換算で何行以上が長文扱いなんですかね?】という疑問を呈されているのですが、以前、こんな文章(http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20020329)を読んだことがあって、これを参考に僕なりに判断すると、原稿用紙5枚、すなわち「2000字」を超えるくらいから「長文」なのではないかなあ、という気がします。実際に読んでみると、2000字ぎっしり書かれていても、よっぽど難解な内容でなけれは、5分もかからないのですけど、それでも「書いてあるとおりに読む」というのは、なかなか難しいのですよね。

アクセスカウンター