琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

マイルCS予想

マイルチャンピオンシップ(GI)
       11月20日(日) 京都  11R
 サラ系3歳上/○国際○指/オープン/定量/1600/芝(右回り)外回り

枠 馬番    馬名     性齢 重量    騎手    調教師
[1] 1 ○ラインクラフト   牝3  54.0  福永 祐一  瀬戸口 勉
[1] 2  アドマイヤマックス 牡6  57.0  武   豊  橋田  満
[2] 3  ウインラディウス  牡7  57.0  田中 勝春  藤沢 和雄
[2] 4  ローエングリン   牡6  57.0  横山 典弘  伊藤 正徳
[3] 5 ×ハットトリック   牡4  57.0  ペリエ    角居 勝彦
[3] 6  ビッグプラネット  牡3  56.0  和田 竜二  南井 克巳
[4] 7  アズマサンダース  牝4  55.0  藤岡 佑介  藤岡 健一
[4] 8 △ダンスインザムード 牝4  55.0  北村 宏司  藤沢 和雄
[5] 9  バランスオブゲーム 牡6  57.0  木幡 初広  宗像 義忠
[5] 10 ×マイネルハーティー 牡3  56.0  安藤 勝己  中村  均
[6] 11  タニノマティーニ  牡5  57.0  須貝 尚介  須貝 彦三
[6] 12 ▲ダイワメジャー   牡4  57.0  ルメール   上原 博之
[7] 13  サイドワインダー  牡7  57.0  松永 幹夫  北橋 修二
[7] 14 ◎デュランダル    牡6  57.0  池添 謙一  坂口 正大
[7] 15 ×テレグノシス    牡6  57.0  勝浦 正樹  杉浦 宏昭
[8] 16  キネティクス    牡6  57.0  小牧  太  新川  恵
[8] 17  リキアイタイカン  牡7  57.0  武 幸四郎  松田 正弘
[8] 18  アルビレオ     牡5  57.0  岩田 康誠  白井 寿昭

軸は◎デュランダルで堅い、と思うのですが、今まで長期休養明けとか道悪だとか、なにかと不安材料が多い状態であれだけ好走してきた馬だけに、逆に、これだけ条件が揃ってしまうと、かえって心配になってしまうのですが。後ろから行く馬だけに、不利を受ける可能性もなくはないですし。でも、やっぱりこの馬を外すわけにはいきますまい。

ラインクラフトは、マイル適性の高さと、京都コースが得意であること、54kの斤量などもあり2番手。牝馬、3歳馬でどうか、という話もありますが、キョウエイマーチも2着に入っていますし、桜花賞馬が順調なステップで挑戦してくれば、十分通用すると思います。

ダイワメジャーについては、とりあえず右回りで、ちょっと荒れはじめたコース、そして、そんなにペースが速くなりそうもなく、騎手がルメールということで、この馬向きの先行して粘りこむレースが可能になりそう。というか、この馬が勝てる可能性がある古馬G1というのは、もうここしかないような気がするし。

ダンスインザムードは、関西のマイル戦に滅法強いし、去年2着だったので。去年より勢いは落ちている印象はあるのですが、今年は「牝馬の年」だしねえ。

×ハットトリックは、けっこう新聞などでの評価は高いみたいなのですが、どうかなあ、という気もします。もちろん強い馬ではあるんだけれど、あの秋の天皇賞の上がり最速も、超スローペースならではこそ。最近連にも絡んでいないし、G1実績もない馬なので、いきなりここで連対とまでいくのは厳しそう。人気になってしまったし。抑えてはおきますが。

×マイネルハーティは、なんとなくアグネスデジタル臭がするので抑えておきます。デュランダルを追って差してきて2着、というイメージで。でも、もっと人気ないと思ったんだけどなあ。

×テレグノシスは、まさかサイドワインダーより人気がないとは。この馬が1800mの毎日王冠で好走し、2000mの天皇賞で負けるのは毎年の恒例行事なのに。むしろ、ここで勝負のはず。去年も3着でしたし、これだけつくなら狙ってみるべき馬だと思います。

馬券は、14から手広く。あと、馬連1−8だけおさえておきます。今年は牝馬の年だし。

アクセスカウンター