読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

フェブラリーS予想

2006年2月19日(日) 1回東京8日目 15:40発走
11R 第23回フェブラリーステークス(G1)
4歳上・オープン(定量)(混) (指)
ダ・左1600M 16頭

      馬名        性齢 騎手  斤量
×1リミットレスビッド 牡 7 バルジ 57.0
 2タイキエニグマ   牡 5 田中勝 57.0
 3ユートピア     牡 6 安藤勝 57.0
 4ニホンピロサート  牡 8 中 舘 57.0
 5スターキングマン  牡 7 柴山雄 57.0
 6サカラート     牡 6 小牧太 57.0
 7アジュディミツオー 牡 5 内田博 57.0
○8ヴァーミリアン   牡 4 ルメー 57.0
◎9シーキングザダイヤ 牡 5 ペリエ 57.0
 10メイショウボーラー 牡 5 福 永 57.0
▲11ブルーコンコルド  牡 6  幸  57.0
 12トウショウギア   牡 6 藤 田 57.0
 13タイムパラドックス 牡 8 安藤光 57.0
△14カネヒキリ     牡 4 武 豊 57.0
 15タガノゲルニカ   牡 4 池 添 57.0
×16サンライズバッカス 牡 4 柴田善 57.0

というわけで、今年最初の当たらないG1予想(自虐的)
シーキングザダイヤはなんといっても東京巧者。フェブラリーS2着は、マイルというより東京コースのダートへの適性だということに気がついてさえいれば、JCDも獲れていたのになあ、と思うと悔しい限りです。使いすぎだし、勝ちきれないという不安もあるんですけど、連軸ならこの馬か。

ヴァーミリアンは、「芝適性もあって、マイルより距離適性が長めの馬」というこのレースの好走条件にまさに合致した馬。ルメール騎手も乗れているし、こういう早めに抜け出して粘るタイプの馬は、まさにルメール向きだし。

ブルーコンコルド。好きなんですこの馬。2年前はいい夢みさせてもらったし。でも、その一方で、1600mは少し長いのかなあ、とも思うし、今年は人気しすぎなのでは…とも思うのですけど。

カネヒキリが強いことはわかってはいるのですが、あのJCDの勝ちっぷりは、どちらかというと「勝負強い!」という感じで、絶対能力が抜けているわけではない、という印象です。レース間隔が空いているし、ドバイを見据えての仕上げで幾分重め残りという話もあるのだけれど、やっぱり無視はできないし、ということでここに。この休み明けで、ドバイ前で、というパターンは、昔アグネスデジタルを軽視して痛い目に遭ってもいるので。

×サンライズバッカスは、東京実績と望みの外枠ということで。最初はリミットレスビットにしようと思っていたのですが、内田博騎手がアジュディミツオーに乗るということで、こちらを上に取ろうと思います。

馬券は、強弱をつけて上記5頭ボックスで。ただし、シーキングとカネヒキリの組み合わせは、押さえ程度にしておきます(安いので)。
それにしても今年緒戦から大混戦。ニホンピロサートを除けば、どの馬からだってそれなりに当りそうな馬券になるんだものなあ。