琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

http://www.disney.co.jp/pirates/

昨日(29日)の夕方の上映を観てきました。客席は6〜7割くらいの入り。ちょうど夕食どきだったので、こんなものかな。
観終わった最初の印象は、「スターウォーズかよ!」だったのですが、全体としてはかなり楽しめる娯楽映画です。
アクションの面白さとバカバカしさは、この映画ならでは(ストーリーとはあんまり関係ないような原住民のシーンがいちばん面白かったというのは(笑いを入れるためのシーンだったにせよ)、なんだか寂しいものでしたけど)。
ただ、前作を観ていないと、ちょっと世界に入りこみにくいかもしれません。
僕も最初の30分くらいは、「前作を復習しておけばよかったかな…」と後悔しました。

あと、前作に比べて、ストーリーが全体的にやや暗めだったかな。
今回はジャック・スパロウだけじゃなくて、みんながアホ行為を連発していたので、かえってジャックが目立たなくなってしまったような気もするし。

いや、本当に面白い映画ではあるんですよね。前作は「あんまり面白くなさそうだけど、とりあえず他に観るものないから観たらすごく面白かった!」という「お得感」がプラスされていた面もあるので、最初から大きな期待を背負っている今作は、けっこう辛いところもあるとは思うのですけど。

そうそう、ジョニー・デップは、このスパロウ船長役が本当に気に入っているらしいのですが、あるインタビューで、

 僕の息子は、母親の職業を訊ねられたら「女優」って言うんだけど、父親の仕事を聞かれたら「海賊」って答えるんだよ。

と嬉しそうに話していたそうです。

アクセスカウンター