琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

マンガ入門 ☆☆☆

マンガ入門 (講談社現代新書)

マンガ入門 (講談社現代新書)

 このタイトルで、筆者がマンガ家のしりあがり寿さんとくれば、大部分の読者は、技術的な「マンガの描き方」を具体的に説明した本だと思うのではないでしょうか。本の背表紙には「マンガ入門」としか書いてありませんし。でも、実際の内容は、「マンガ家・しりあがり寿」の自伝と「(ある程度描ける人が)マンガ家として、あるいは表現者として生き延びていくためには」というものでした。残念ながら、全くマンガが描けない人が、この本を読んで描けるようになるような「入門書」ではないのです。たぶん、このタイトルのほうが売れるという判断でつけられたのでしょうけど、ちょっと「看板に偽りあり」かもしれません。まあ、マンガ家にはなれない僕にとっては、実作の技術書よりも「興味深い」内容ではあったのですが。

アクセスカウンター