琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

有馬記念結果

1 3 マツリダゴッホ 牡4 57.0 蛯名正義 2:33.6   498 +12 国枝栄 9
2 7 ダイワスカーレット 牝3 53.0 安藤勝己 2:33.8 1 1/4 486 +2 松田国英 5
3 4 ダイワメジャー 牡6 57.0 M.デムーロ 2:34.2 2 1/2 538 +10 上原博之 6

今年の有馬記念は史上最低糞中の糞の最低レース!!
↑という2ちゃんねるのスレに激しく同意……蛯名KY!!!(ま、ゴッホがいなくても大外れなんだけど)
レース終了後の中山競馬場の空気が凍っていたのが、テレビ中継からもヒシヒシと伝わってきました。あそこはシベリアより寒そうだ……
僕もかなりの大損害を食らってしまったのですが、あまりに糞すぎて腹が立つというよりあきれ返ってしまうばかり。
おまけに、某日刊スポーツで、あの裏切り者A井がマツリダゴッホをおしていたという最低さ。

しかし、どうしてこんな結果になってしまったのかと考えると、要するに「有馬記念は1年の総決算であり、今年を締めくくるような好レースになるはず!」というような先入観で馬券を買っているのが良くないのだろうな、と終わったあとで悟るわけですね。
純粋に重馬場で先行・内枠有利の中山2500メートルのレースということで予想すれば、けっして買えなくも無い……でも、それなら1枠1番のサムソンや3枠6番のポップは……ということで、正直「何が何だかよくわからないレース」だとしか言いようがない結末でした。マツリダゴッホが中山巧者だということは重々承知していたのですが、さすがにここは相手が強いのと、距離が長いだろうと思っていたのに。終わった後、オールカマー年末にやるようになったんだっけ?と考え込んでしまいましたよ。
上位3頭はマイル〜中距離に適性がありそうな馬が占めており、まさに後ろから行った馬は手も足も出ない展開ではあったのでしょうけど、いくら行きっぷりが悪かったとはいえ、武豊の今日のレースには本当に失望しました。マツリダゴッホみたいな競馬をサムソンがやるはずだろうに、と。
というかサムソン、レゴラス(7着)にも負けてるんだけど、さすがにこれは恥ずかしくないか?ウォッカもパドックでは絶好のデキに見えたのに11着……

もう中山でG1やるのって、やめたほうがいいんじゃない?
今年の漢字『偽』を象徴するような酷いレースだったなそれにしても……
サムソンが「偽最強馬」だったのか、乗り役のせいなのか、それとも、今年のJCは見た目以上に消耗戦だったのか……

アクセスカウンター