琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

芥川賞・直木賞候補作決まる


◇芥川・直木賞候補作(年齢は1月16日現在)

芥川賞 年齢              候補回数
川上未映子  31 「乳と卵」(文学界12月号)    2
田中 慎弥  35 「切れた鎖」(新潮12月号)    2
津村記久子  29 「カソウスキの行方」(群像9月号)初
中山 智幸  32 「空で歌う」(群像8月号)    初
西村 賢太  40 「小銭をかぞえる」(文学界11月号)2
山崎ナオコーラ 29 「カツラ美容室別室」(文芸秋号) 2
楊  逸   43 「ワンちゃん」(文学界12月号)  初

直木賞
井上 荒野  46 「ベーコン」(集英社)      初
黒川 博行  58 「悪果」(角川書店)       5
古処 誠二  37 「敵影」(新潮社)        3
桜庭 一樹  36 「私の男」(文芸春秋)      2
佐々木 譲  57 「警官の血」(新潮社)      2
馳  星周  42 「約束の地で」(集英社)     5

今回の候補作は、残念ながら1作も読んでいないので予想しようもないのですが、名前だけで見ると実力派が揃った、という印象です。
裏を返せば、「前回ほどじゃないけど、ちょっと地味」であり、とくに直木賞は、前回は桜庭一樹森見登美彦万城目学と、急激に候補者が「世代交代」したように思われたので、その反動が今回は出ているのかもしれません。
馳星周さんって、まだ直木賞獲ってなかったのか……
個人的な好みを含めての予想としては、芥川賞は本命川上未映子さん、対抗に西村賢太さん。直木賞は本命が桜庭一樹さん、対抗はここでノミネートされたならばということで馳星周さん。でも、「この人を今さらノミネートしたんだから授賞するだろう」というのがこちらの思い込みでしかないことは、北村薫さんのときに証明されてしまいましたからねえ……

アクセスカウンター