琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ ☆☆☆


≪キャスト≫
伊藤英明 佐藤浩市 伊勢谷友介
安藤政信 堺雅人 田中要次 石橋蓮司 塩見三省 石橋貴明
小栗旬 クエンティン・タランティーノ 松重豊
木村佳乃 香川照之 桃井かおり


≪ストーリー≫
源氏と平家の決戦、壇ノ浦の戦いから数百年後。とある山間の寒村に言い伝えられる“お宝”を探し求め、義経率いる源氏軍(白)と清盛が指揮する平家軍(赤)が対立し村人を巻き込んでの抗争を繰り広げていた。そこに心に傷を負った一人のスゴ腕ガンマンが流れ着く。「いったいお前はどっちの用心棒になるのだ!」それぞれの思惑がぶつかり合い、裏切り、欲望、そして愛が入り乱れ、事態は壮絶な戦いへと激化していく・・・。

 な、なんでこんなところにタランティーノが……
 というか、こんなところに出てくるのがタランティーノ、なのか?

 この映画を観ながら、僕はずっと、「ああ、新春かくし芸大会の出し物みたいだな」と思っていました。こういうドラマって、あんまりいいかげんに作られていると観ていてバカにされたような気がするけど、ものすごく真面目に作られていると、かえって「引いてしまう」んですよね。こういう映画って、本当に作るのが難しそう。
 こういう「ネタ映画」をこれだけの規模、これだけの役者さんを揃えて作った三池監督の人脈には驚かされますが、だからといって、この映画が「すごく面白い」わけでもなくて。途中で、「普通の時代劇」か「普通の西部劇」が観たくなってくるんですよなぜか。
 物語中盤でがんばってエロチックに踊っている木村佳乃さんを観ながら、「その熱演、ほかの映画にとっとけばいいのに……」と言いたくなってしまいましたし、他の役者さんたちも「どこまで真面目にやっていいんだろう?」とちょっと戸惑っているようにも見えました。「笑っていいんだよな」と思っていたら、ものすごく残酷シーンが続けざまに出てくるし、「泣ける」ほど感動的なドラマでも、「胸が躍る」ほど爽快なアクションもなく……

 「こういうことをやってみたい!」という三池監督の気持ちと、それを実現してみせた実行力には感服しますが、その一方で「こういうことをがんばってやってみました」という以上の意味があまりない映画のような気がします。
 全然つまらないわけではないし、いろいろと元ネタが隠されているらしいので、ウエスタン好きの人にはけっこう楽しめるかもしれませんけど。

アクセスカウンター