琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

『鹿男あをによし』DVD発売


鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版

鹿男あをによし DVD-BOX ディレクターズカット完全版


 あの『鹿男あをによし』が、ついにDVD化!
 (全話録画してるけど)僕も買います!

内容紹介
神は使いに、鹿を選んだ。
万城目学原作、玉木宏主演の新感覚ファンタジックコメディー!


[内容解説]
限りある地球の自然を守るため、愚かな人間たちのため、愛する人のため、"神々の使い"である動物たちと、ある儀式により"神に選ばれし普通の人間たち"が、 古の都に隣接する学校を舞台に繰り広げる、1800年もの歴史を越えた真面目で笑える不思議な物語 。鹿に"印"をつけら れることによって"鹿男" ?になってしまう主人公"おれ"を演じる玉木宏と、"鹿男"のパートナーとして数々の難題をクリアする "藤原君"の綾瀬はるかが贈る、ファンタジックコメディー。


【特典ディスク】
■「鹿男」ファン必見!スペシャルインタビュー
ドラマ「鹿男あをによし」の大ファンであるホイチョイ・プロダクション代表馬場康夫氏が鹿男キャスト・制作陣に鋭く切り込む!
Vol.1 玉木宏児玉清
Vol.2 綾瀬はるか多部未華子柴本幸
Vol.3 原作者 万城目学・脚本 相沢友子

■「鹿男」公認奈良ロケ地マップ
撮影で使用したロケ地を「藤原くん」と「堀田イト」がナレーションナビゲート

■未公開映像集
しゃべる鹿の秘密/クランクイン・クランクアップ/制作発表/メイキング

■「鹿の疾走」フルカラーDVD EDITION
鹿の走りのスパースロー映像をスペシャルバージョンで収録

■ノンテロップエンディング

■ブームアップ番組

■予告集


【その他特典】
■裏話満載キャスト・制作陣による全話コメンタリー収録
鹿の声・山寺宏一がMC役としてキャスト陣と語る撮影裏話やマル秘トーク満載!
[1、9、10話 玉木宏児玉清]
[3、5、7話 綾瀬はるか多部未華子柴本幸]
[2、8話 キムラ緑子酒井敏也]
[4、6話 万城目学相沢友子]


【封入特典】
■特製ブックレット(24P)


【初回生産限定特典】
■大和杯“サンカク”ストラップ
鹿男キャスト&スタッフしか持っていない携帯ストラップ!

 このドラマは、僕にとっては、『のだめカンタービレ』以来、久々に「全部通して観た連続ドラマ」で、すごく気に入っている作品なんですよ。残念ながら、視聴率的には「成功」と言い難い結果に終わってしまってすごく残念なのですが、多くの人にぜひ一度観てもらいたい(最初の展開がちょっとゆっくりなので、できれば3話目くらいまでガマンして観てもらえれば……)と思っています。音楽もすごく良かったですし。
 このドラマ、登場人物がみんな憎めないというかすごく愛嬌があって、すごく安心して楽しめる良質のファンタジーなんですよね。さりげなく動かしていますが、あの「ロボ鹿」もすごいです。
 このDVDの特典の

■「鹿の疾走」フルカラーDVD EDITION
鹿の走りのスパースロー映像をスペシャルバージョンで収録
■ノンテロップエンディング

というのには、「みんな鹿が好きすぎるだろ!」と苦笑してしまいましたけど。
あと、さりげなく作者の万城目学さんがインタビューとかコメンタリーに登場されているのも興味深いです。
この『鹿男あをによし』、万城目さんのモンゴルでの体験がモチーフになったという、作家本人にとっても思い入れの深い作品なのだそうです。さて、どんな話が聞けるのか? そして、このドラマに対して、原作者はどんなふうに感じたのか?(もちろん、「100%の本音」じゃないかもしれませんが……)

ドラマ『鹿男あをによし』の失敗というのは、どんなに丁寧につくっても、「歴史ファンタジーをメジャー化するのは難しい」ということなのかもしれませんが、日頃連ドラを観ない人たちにも楽しめる可能性がある作品ですので、もちろんレンタルで十分ですから、一度観ていただきたいなあ、と願ってやみません。
「こんなヌルいドラマのどこが面白いんだ!」って言う人も多いんだろうけど、僕は、このヌルさが大好きなんだよなあ。

アクセスカウンター