読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

栗原選手の「8月6日」

野球 社会

広島カープの栗原選手は、自身のブログで、「8月6日」について書かれていました。

「8月6日。」(栗原健太オフィシャルブログ「“KONG”栗健 #5」2008年8月6日付)

栗原選手は、まったく「ヒロシマ」のことを知らず、興味もなかった状態でカープに入団し、広島の女性と結婚されました。

幸い、僕は広島の人と結婚し、
やっと本当の広島を知るようになりましたが、
ここ3年ぐらいの話しです。

じいちゃんやばあちゃんは
「戦争」という言葉をよく口にしていたけれど
広島に落とされた原子爆弾による戦争とは少し違うようです。

原爆について聞くようになったのは
「僕の嫁が被爆3世で、娘が4世である」
という事実を知ってからです。
原爆による放射能は被爆した人物の子孫まで影響します。
3世はまだまだ濃い、と聞きました。

僕と同じ世代の日本人が
まだ戦争の影響を受けているのです。

少なくとも広島では、原爆は「過去の悲劇」ではないのです。
でも、そこにあるのは「悲しみ」だけではなくて、この栗原選手のブログを読んでいると、奥様の「強さ」も伝わってきて、とても温かい気持ちになるんですよね。