琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

予知夢 ☆☆☆☆


予知夢 (文春文庫)

予知夢 (文春文庫)

[BOOKデータベースより]
深夜、16歳の少女の部屋に男が侵入し、気がついた母親が猟銃を発砲した。とりおさえられた男は、17年前に少女と結ばれる夢を見たと主張。その証拠は、男が小学四年生の時に書いた作文。果たして偶然か、妄想か…。常識ではありえない事件を、天才物理学者・湯川が解明する、人気連作ミステリー第二弾。

探偵ガリレオ』シリーズ第二弾。
僕にとっては、『探偵ガリレオ』よりも面白かったです。
探偵ガリレオ』では、トリックを「科学的根拠」と結びつけるために、あまりにも舞台設定が特殊だったように思われたのですが、この『予知夢』では、むしろ「人間関係から偶然生まれたオカルトにみえる謎」を、いかに解決していくかが重視されており、「まあ、こういうことなら、ありえるかもしれないな……」という気がするんですよね。
犯人たちの行動が、より「人間的」になったというか。

「物理学者としての湯川先生」の活躍の場面には乏しい印象はありますが、「人間ドラマ」としては前作より楽しめる作品になっていると思います。
こういう流れで、『容疑者X』につながっていったというのは、なんだかとても頷けるなあ。

ちなみに、巻末の「解説」によると、東野圭吾さんは、湯川先生を、佐野史郎さんをイメージしたキャラクターだと仰っていたそうです。
それがいまや「湯川=福山雅治」ですからねえ……

アクセスカウンター