琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

HERO ☆☆☆☆☆ (再掲)


HERO スタンダード・エディション [DVD]

HERO スタンダード・エディション [DVD]

解説: 2001年にフジテレビ系列で放送され、同局歴代ナンバーワン大ヒットドラマとなった「HERO」の劇場版。初の映画版では、ある傷害致死事件をめぐる巨大な陰謀劇に、主人公の検事・久利生公平が立ち向かっていく。久利生役の木村拓哉、彼の事務官役の松たか子らレギュラーメンバーが再集結するほか、松本幸四郎森田一義タモリ)、イ・ビョンホンなど超豪華キャストが参戦。全シリーズを踏まえた映画オリジナルの展開に注目。

東京地検城西支部に再び戻った久利生(木村拓哉)は、ある傷害致死事件の裁判を任されるが、容疑者が初公判で犯行を全面否認、無罪を主張したために思わぬ事態を迎えてしまう。被告側の弁護士・蒲生(松本幸四郎)は“刑事事件無罪獲得数日本一”の超ヤリ手。さらに事件の背後には、大物政治家の花岡練三郎が糸を引いていることを突き止める。 (シネマトゥデイ

こんなベタで狙いすました「テレビドラマの映画化」を絶賛するのはなんだかちょっと悔しいのだけれど、すごく面白かったです。
もともと僕が「法廷もの」とか「検事・弁護士もの」が大好きである、そして、ドラマ『HERO』の熱心な視聴者だった、ということもあるのでしょうが、観終わって、「面白い映画だったなあ!」ってスキップしながら帰りたくなりましたよ。そして、「明日から仕事、頑張ろう」と、ちょっとだけ元気にもなりましたし。

ほんと、内容的にはツッコミどころは満載の映画なんですよこれ。「久利生公平、最大の危機!」って、どこが危機なんだかよくわからなかったし、あの事件の「証拠」って、車が見つかった時点で現場に残った塗料とか分析すれば十分だろう、と。そもそも、蒲生弁護士の言ってることって、どう考えても「屁理屈」だし、韓国までわざわざ行く理由も、現地の警察の態度も不可解です。はっきり言って、「法廷劇」としては、「最低」とまでは言わないけれど、「平均以上ではない」でしょう。
それでもボクはやってない』とかを観てしまったあとでは、あまりに芝居ががっているように(芝居だけど)見えますしね。

でも、僕はやっぱりこの映画を観ていて、すごく楽しかったし、嬉しかったんですよ。
久々に雨宮舞子に会えたしね。
僕は松たか子の大ファンで、木村拓哉は「どうでもいい、あるいはちょっと嫌い」なのですけど、このドラマを観ていると、「普段は福神漬けを食べたいなんて思わないけど、やっぱりカレーに合うのは福神漬けなんだよなあ」と感じます。
もちろん、松さんがカレーで、キムタクが福神漬け。
結局、松たか子のキャリアにおいて、「大成功」を収めたドラマの相手役って、ほとんど(全部、かも)キムタクなんですよね。
これはもう「相性」だとしか言い様がないのかもしれません。

今回の『HERO』を観て最初に感じたのは、「雨宮(=松たか子)、年とったな……」ということだったのですけど、この映画に関していえば、僕にはこの「6年間のブランク、30歳になってしまった松たか子」というのが、とても効果的というか、しみじみと魅力的だな、と感じられました。ドラマの『HERO』のときは、久利生という強烈な個性に、ただ圧倒されて惹かれていくだけのように見えた雨宮は、この6年間、いったいどういう気持ちで久利生を待って(って、本当に6年間も黙って待っていたとして、今回いきなりああいう態度だとしたら、久利生は相当酷い男だとは思いますが)、自分の心と向き合ってきたのだろう、って想像すると、僕は雨宮の「純情」に心を打たれずにはいられません。それでも、久利生の前では強がってしまって、「仕事を全力でサポートする」という形でした愛情表現ができない、不器用な雨宮!ああ、せつない……

雨宮が「大人」になっただけ、今回の『HERO』は、不器用な大人の恋愛ドラマとして成熟したのではないかな、と僕には感じられましたし、だからこそ、すごく満足できたんですよね。僕にとっての今回の『HERO』は、雨宮舞子が主役の恋愛映画だったのです。
僕は主人公カップルが終始ベタベタ、ネットリしているような、いわゆる「カップル向けの恋愛映画」ってすごく厭なんですけど、これなら許せる、というかすごく共感できるんだよなあ。

そうそう、松本幸四郎さんは相変わらず「オーラが出ている」わけですが、その一方で、松たか子さんとの共演となると、観客としてはどうしても「父親と娘」というイメージが頭に浮かんできて困りました。

松本幸四郎が演じる蒲生弁護士を事件現場で見かけて)
久利生「今の人、知ってる?」
雨宮「いえ、ぜんぜんっ」

こういうシーンが出てくるたびに、「父親の顔を忘れたんかいっ!」と、一瞬考えてしまうんですよねやっぱり。
本人達は全然気にしていないのかもしれないけど、キャスティングとしては、ちょっと観客の感情移入度を下げてしまうのではないかな、とそして、この映画、そういう「豪華キャストなんだけど、ちょっと狙いすぎなのでは……」と言いたくなるような「微妙な」キャスティングが一部でされているのも事実。そのへんは、「お祭り」として割り切って観るべきなのでしょうが。

まあ、いろいろ書いたのですが、僕はこの映画にすごく満足できましたし、これほど「元気が出る映画」というのもそんなに無いんじゃないかな、と思います。「感動できる映画」「映画らしい映画」じゃないかもしれないけど、ドラマ『HERO』が好きだった人は、絶対に楽しめますよ。

アクセスカウンター