琥珀色の戯言

【読書感想】【映画感想】のブログです。2016年8月より、『はてなブログ』に移行しました。

足を踏んだ弟

 弟とは6つ年が離れている。
 僕がまだ小学生だったとき、家族である水族館に出かけた。
 弟とふたりで館内をまわっていたのだが、僕がトイレから出てきたら、弟が泣いていた。
 その前には、顔を真っ赤にした、係員のおじさんがいた。


「この子、君の弟かね。この子、話しかけたら、いきなり私の足を勢いよく踏んできて……何を考えているんだ!」


「本当に、そんなことをしたの?」

 弟は、ずっと泣いていて、返事をしない。
 おじさんには、そんなウソをつく理由はないはずだ。
 そして、その当時の弟は、人見知りからか、「そういうこと」をやっていたような気もする。


 しかし、僕はその現場を見ていない。
 泣いているのは、僕の弟だ。


 兄として、どうするべきか?
 おじさんの言葉に従い、弟に注意するべきか?
 それとも、「兄として」理由はどうあれ、弟を泣かしたこのおじさんに抗議をし、弟に「頼りになる兄」であることを印象付けるべきか……


 結局、僕はそのとき何もできなかった。
 怒っている係員のおじさんに抗議することも、謝ることもせず、ただ、弟の手を引いて、両親が待つ車に戻った。


 帰りの車のなかでは、父親が、その話を聞いて、「お前はお兄ちゃんなのに、なんで黙って帰ってきたんだ!」と、ずっと怒っていた。
 母親は、「まあまあ」と、ひたすら父親をなだめていた。


 あのときもっと正しい対応をしていれば、何かが変わったのではないか?


 でも、どうすればよかったのか、僕はいまだに、よくわからないのだ。




僕のTwitterはこちらです。
http://twitter.com/fujipon2

アクセスカウンター