琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2013-06-08から1日間の記事一覧

【読書感想】本にだって雄と雌があります ☆☆☆☆☆

本にだって雄と雌があります作者: 小田雅久仁出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2012/10/22メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 126回この商品を含むブログ (50件) を見る Kindle版もあります。紙の本は1890円、Kindle版は1440円。 [asin:B00C186G02:detail] …

アクセスカウンター