琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2016-11-05から1日間の記事一覧

【読書感想】棋士という人生: 傑作将棋アンソロジー ☆☆☆☆

棋士という人生: 傑作将棋アンソロジー (新潮文庫)作者: 大崎善生出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2016/09/28メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 内容紹介 吹けば飛ぶような駒に人生を賭けた者たち。日々盤面に向かう彼らは何を追い求めるのか…

アクセスカウンター