琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

2018-07-06から1日間の記事一覧

【映画感想】パンク侍、斬られて候 ☆☆☆☆

江戸時代とある街道で、自らを「超人的剣客」と豪語する浪人・掛十之進(綾野剛)が突然、巡礼の物乞いを斬り捨てる。彼は、この者たちがこの地に恐るべき災いをもたらすと言い放つ。 www.punksamurai.jp 2018年、映画館での19作目。 公開初週の平日の夕方で…

アクセスカウンター