琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

文章なんて、ほんの氷山の一角

ヘタな音楽を演奏すればセンスを疑われるし、不味い料理を作れば味覚を疑われるし、漢字が読めなければ知識を疑われる。

だが、なぜ、僕の書いた文章が気に入らないと言う理由で、僕の全人格が疑われないといけないのだね?
この世界には性格が悪いプロスポーツ選手や行状に問題がある芸術家がいるなんてこと、知らないわけじゃないだろう?
どうせ疑うなら、文章能力だけにするべきですよ。

テキストなんて、そう、人格のほんの一部に過ぎないのにねえ…

アクセスカウンター