琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

村上春樹と村上龍

僕は圧倒的に春樹>龍なのだ。
これはたぶん、僕が高校生のときに最初に読んだ2人の作品が、

春樹=「ノルウェイの森
龍=「限りなく透明に近いブルー

だった影響もあるのだろうと思う。

今の30過ぎの男の感性で読めば、春樹はキレイ事すぎて、むしろ龍派になっていたかもしれないし。

僕にとって、村上春樹は「自分に言い訳をし続ける文学」で村上龍は「他人に自慢をし続ける文学」という印象がある。

そして、僕は村上春樹のほうが好きなのだ。

アクセスカウンター