琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

臨床能力

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040305-00001029-mai-soci

こういう場合、教授が「主治医」になることが多いのですが、一般的に教授は入院患者を持つことはほとんどないので、「教授が主治医である」というのは、必ずしも良いことではないかもしれません。だいたいそうなってますが。
…たぶん、実際に治療をやっているのは中堅くらいの病棟医。
臨床能力の高さだけで医学部の教授にはなれないからなあ。

アクセスカウンター