琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

[雑感]同世代感

「シフクノオトを聴く/年をとるということ」(トリッチ・トラッチ・4/14)
http://aozora.sub.jp/blog/archives/000034.html

ミスチルの桜井さんは1970年3月生まれの34歳で、僕の2学年上、ということになるのです。同世代の僕は「CROSS ROAD」くらいからミスチルが大好きだたんですよね。なんだか、あの「不幸感」は当時の僕、あるいは僕たちとシンクロしていたし、その後の活動も年の取りかたも、そういう「変遷」そのものが、「同世代だよなあ」と感じさせられるものなのです。
20歳くらいの頃は、「同世代には負けねえ!」とか気張っていたんだけど、30過ぎると、自分と同世代に妙にシンパシーを感じるようになりました。
そういう意味でも、鷺沢萠さんの訃報は悲しい。

そうそう、昨日ラジオで渡辺美里の「My revolution」が流れてきたのですが、あらためて聴いてみると、小室哲哉はやっぱり天才だと思いました。少なくともあの頃は。

アクセスカウンター