琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

ダビスタ関連

http://d.hatena.ne.jp/pokopen34/20040422
http://d.hatena.ne.jp/mote/20040422
http://d.hatena.ne.jp/ishinokyujitsu/20040422
http://d.hatena.ne.jp/siyokuharumo/20040423

今やっている人たちの感想としては
(1)グラフィックは綺麗。レースシーンは秀逸
(2)「逃げ・先行有利」と「差し・追い込み有利」の両方の説がある。ただし、どちらにしても「着差がつきすぎる、極端なレースが多い」のは間違いなさそう。
(3)テンポ悪し。調教にも時間がかかって面倒だし、画面切り替えも遅い。

これって、あの悪名高き「ダビスタ64」と同じような印象を受けるのですが…競馬ゲーム史的には、最近は「ダビつく」とか「ウイニングポスト」とか、「一部のコアな人以外のプレイヤーは調教をほとんどしない」ものが主流なので、調教やレースを飛ばせないことそのものが面倒に思われるのかもしれないけど。

アクセスカウンター