琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

天皇賞・春での武豊騎手の敗因分析

http://take.nifty.com/diary/main.html#04521

↑って、武豊よ、競馬ファンなめとんのか!!
問題は「リンカーンの折り合いがつかなかったこと」ではなくて、「あのペースなのに、あの位置でリンカーンを折り合わせようとしたこと」じゃないのかね?つまり、位置取りとペース読みの完全なるミス。
あそこで完璧に折り合ってたとしても掲示板にも載らないよ。
中継で道中「かかっています」と言われていたロブロイが2着に来たことからも、リンカーンの位置取りの失敗がまずあって、淀の3200mに不慣れなデムーロと有馬の悪夢がよぎったザッツがリンカーンを見てしまった結果があの糞レースだろうに。
「失敗でした」と言えないのもわかるけど、「だから競馬は難しい」っていうのは良い逃げ口上ですね、最低!!お前がヘタなだけだろ、と。
僕もこれから「だから医療は難しい」とか言って逃げることにしますよ、ええ。

アクセスカウンター