琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

取材する側・される側

http://aozora.sub.jp/blog/archives/000130.html

あのお父さんは、自分がその立場になってみて、「被害者や遺族にマイクを向けること」についてどう感じたのだろうか?
もちろん「あまり相手の立場に感情移入しすぎると、そんな怖いことはできなくなる」というのは、医者もそうなのかもしれないけれど。

アクセスカウンター