琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

綿矢りさに敗れた男

高橋源一郎の日記」(6/22)
http://www.plays.jp/diary/gen1rou/index.html


 芥川賞の選考で、どうして綿矢りささんと技術的には同レベルの中村航さん(「ぐるぐるまわるすべり台」)が落ちたのかという考察。なるほど、プロの目で見るとそうなるのか…
 しかしですよ、「蹴りたい背中」には、積極的なことが書いてあるのだろうか?うーん。

アクセスカウンター