琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「夏子の酒」


 本屋で文庫の新装版を見かけたので買ってみた。
懐かしいなあ、と思いつつ一途な夏子の姿に感動。
もう、ほんとベタベタなんだけどねえ。

しかし、この物語って、「夏子=可愛い女性、村の有力者の娘」でないと、絶対に成立しないと思う。そこらへんのオッサン、オバチャンだったら、絶対うまくいかないよなあ。

アクセスカウンター