琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

土用の丑の日

http://pinnie.hp.infoseek.co.jp/w/new.html(7/22)

 僕は、もし自分がうなぎだったら、土用の丑の日はものすごくイヤだろうなあ、と思います。昨夜は「ああ、今年も生き延びられた…」と安堵の溜息をもらしつつ、仲間の死を悼んでいるのではないかなあ、なんて。
 というように、なんでも擬人化してしまう子供だったので、昔はものすごい偏食家だったのです。

アクセスカウンター