琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

女の子のテキストサイト文体


http://ituki.chu.jp/ の(7/29)


ここで紹介されている、
眞鍋かをりさんのblog(http://manabekawori.cocolog-nifty.com/blog/
のほかにも、「テキストサイトチックな」(もっと具体的に言うと、「POPOIhttp://www.ne.jp/asahi/popoi/popoi/みたいな)若い女性芸能人サイトもしくはblogというのはいくつかあって、(例:柴田淳さんのdiary
http://www.shibatajun.com/)じつは「テキストサイト文体」というのは、テキスト界独自の閉鎖的な文化じゃなくて、いまの若い女性の一部の人たちにとっては「ちょっと頭が良くてマニアックな女子が他人に読ませる文章を書くときに当たり前に使っている文体」のなのではないかなあ、なんて思いました。


↑というような文章を書いたあとで

芸能人ブログ・日記サイト集」
http://internet.watch.impress.co.jp/static/link/2004/05/07/idol.htm
をザッと読んでみたのですが、うーん、前言撤回かな…
正直「大本営発表」みたいなのとか、「友達への携帯メールかこれは?」というようなものばかりで、「芸を感じる文章」はほとんど無かったです。
やっぱり、眞鍋さんや柴田さんは「特殊」なのかもしれません。

アクセスカウンター