琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

今読んでいる本

(1)『どこかで誰かが見ていてくれる〜日本一の斬られ役・福本清三』(聞き書き・小田豊ニ・集英社

(2)『三谷幸喜のありふれた生活(3)〜大河な日々』(朝日新聞社

〜〜〜〜〜〜〜

 (2)のほうは読了。三谷さんのエッセイは、どんどん上手くなってきているような気がします。ネタにできそう、と思ったところがたくさん。
 僕は「新撰組」はほとんど観ていないんですが、「隊士も普通の若者だったのではないか?」という三谷さんの視点は面白く感じましたし、実際もそうだったのではないかなあ、という気がします。

 (1)は、掛け値なしに面白い本。福本さんの喋り言葉がそのまま再現されているのです。「必死の人」の激しく穏やかな人生。オススメ。

アクセスカウンター