琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

8月9日、長崎原爆忌に寄せて


「♀つきなみ日記♀(8/9)」http://www.enpitu.ne.jp/usr1/bin/day?id=10246&pg=20040809


「うさたろう日記。はてな版(8/9)」http://d.hatena.ne.jp/usataro/20040809


1日遅れになってしまいましたが、今の日本(世界中?)では、「原爆」という人類史上最悪の悲劇すら、「残酷だ」とかいう理由でムリに忘れ去られようとしています。「残酷」だからこそ、忘れてはならないはずなのに。
原爆について、軍事評論家みたいに語る前に、広島か長崎の資料館に行って残された遺物や写真を見てもらいたい。僕はそう思います。
僕が子供だった20年前より、原爆のリアリティは、確実に薄れてきている印象があって、僕はそれが怖くてならないのです。

http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=68818&pg=20030809

↑は、僕が去年の8月9日に書いたものです。たぶん今はこれ以上のものは書けないと思います。そして、たぶん自分が年をとるにつれ、こういう問題に対する「危機感」みたいなのは薄れていっているような気がしているのです。

アクセスカウンター