琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「戦争」という記憶


 村上春樹さんの本で、オーストラリアは日本と戦争をしていたことがある、という事実を知りました。それも、太平洋戦争時には、日本軍がオーストラリアの都市を空爆したり、捕虜収容所で8000人のオーストラリア軍の兵士が命を落としたのだとか。
「それが戦争というものだ」というのは、確かにその通りなのだけど、笑顔で日本語を使いこなすオーストラリアの若者の屈託のなさそうな笑顔の裏には、そういう記憶が影を落としていないのだろうかと、一抹の不安も感じてはいたのです。
日本でテレビ点けたら、アジアカップで中国のサポーターが大暴れしてるしなあ…

アクセスカウンター