琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

僻地医療とか

「女医の愚痴」http://www2.diary.ne.jp/user/165840/の9/28

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040928-00000003-khk-toh河北新報

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040925-00000127-mailo-l07毎日新聞1)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040928-00000057-mailo-l07毎日新聞2)


「入院患者への対応」というのは、「当直の仕事」ではないのだろうか?という気がするが、そういう意味では入院患者を持つ若い医者の多くは、「持続的に宅直させられているようなもの」なのかもしれない。というかそんな感じでした。
療養型が半分とはいえ、70床もある病院なら、毎晩なんらかの急変なり問題なりが起こるだろうし、「田舎でのんびり」のつもりが、現実はかなりの激務だった、ということなのかな…
もしこれが事実なら、この村の人たちは、あまりに医者の「聖職性」をアテにしすぎていたのかもしれません。呼ばれなくても、拘束されているだけでけっこう疲れるものだしねえ。

アクセスカウンター