琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

岩田騎手の執念

http://www.nikkansports.com/ns/horseracing/p-hr-tp0-041025-0003.html

そうだった、この人は春の天皇賞イングランディーレの歴史的逃げ切り(というか糞レース)のあとで、ほかの中央の一流ジョッキーたちが「これが競馬だ」「動くに動けなかった」「展開のアヤ」などと御託(言い訳)を並べているなかで、ただひとり「恥ずかしいレースをしてしまった」と自戒していたのだ。
菊花賞初騎乗ということにとらわれていたけれど、淀の長距離は経験済みで、しかもその「痛い経験」からしっかり学び取っていた岩田騎手。
インタビューの「がんばりました」はダテじゃない。
それにしても、最近の中央競馬の一流騎手たちは、情けないよねえ…

そういえば、秋の天皇賞リンカーンアンカツになったのは、武豊が降ろされたってことですか?だって、いくら思いいれのある血統とはいえ、アドマイヤグルーヴじゃ、さすがに荷が重いだろうしさ。

アクセスカウンター