琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

実子じゃない!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20041118-00000301-yom-soci


確かに、「産院での取り違え」の可能性もなくはないですが、それよりも「なんらかの事情で、両親も承知の上で養育した他人の子供」の可能性のほうが高いのではないかと思います。誰にも言えない事情で、両親は隠しているのかも。そして、もし「取り違え」であれば、この人にとっての「実の親」が見つかるというのは、裏を返せば「今まで信じていた自分の親が他人であったということがわかる人」をもうひとりつくることになるわけだし。

アクセスカウンター