琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

百年の誤読(ぴあ出版、岡野宏文・豊崎由美)


 1900年から100年間のベストセラーを10年ごとに10冊ずつ選んで遠慮なくぶった斬るシリーズ。正直、と学会の本かと疑ってしまいました。最初の方は知らない作家の知らない本ばかりで読み進めるのがちょっと辛かったのだけど、今は1960〜70年の章で、ようやく親しみが持てる作家が増えてきました。とりあえず、褒めてるのよりけなしているもののほうが読み物として圧倒的に面白いのは世の常。
 あと、本文の下のほうに書いてあるリファレンスが非常にマニアックです。読んでいるとちょっと眠くなってくるので、最近の僕の睡眠導入剤

アクセスカウンター