琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

▲コスモバルク

 とにかく中山が得意なのと、先行できる脚質は魅力。今回は前に行く馬が少ないですし。とはいえ、岡田総帥は、「抑えてロブロイマーク」を指示しているとこことなので、ちょっと不安になってしまいました。とはいえ、行きすぎてタップにヘタに絡む去年のザッツザプレンティみたいに共倒れ。たぶんバルクは去年のザッツみたいに「自分が潰れてもいいからタップを潰しに行く」なんて乗り方はできませんから(社台の馬じゃないしね)、折り合いを欠いてボロボロ、というシーンも想定できます。あるいは、押さえ込んでロブロイマークを行うも、直線では脚がない、とか。とはいえ、この馬が行ってしまえばタップは苦しいし、この馬が本当にロブロイマークでいけば、ロブロイだってストレスはかかるでしょう。五十嵐冬騎手は、けっこうラフプレイも辞さない騎乗をすることもあるし。本音としては切りたい馬なんですけど、この馬は切ると来るのでなかなか切りづらい。ちょっと弱気の▲。

アクセスカウンター