琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

サイト上で年齢をぼかす理由

http://homepage3.nifty.com/fwjd1945/column-2/2005-01-07.html

 確かに、「197X年」と書いてあれば、X=9とは思わないよなあ。
 僕はこの「生まれ年を曖昧にする理由というのは、セキュリティ上の問題(いわゆる「サイトバレ」をおそれて)と考えていたのですが(年齢って、けっこう重要な個人情報ですから)、その一方で、他人とのコミュニケーション上、自分が属する世代をある程度クリアにはしておかないとやりにくいという理由もあって、こういう表現になるのかな、と考えていたのですが。
 サイト上に書かれている個人情報なんて、例え嘘でもわかりゃしないし、100%信じる必要もないんだけど、書き手としてはあんまり嘘つきながら周りとコミュニケーションするのも辛いのではないかなあ、とも思います。
 それにしても、実生活で「若く見える」と言われて嬉しいのはわかるけれど、文字情報で若作りすることにどのくらいの意味があるのかは、サッパリわからない。やっぱり「食いつき」が違うのだろうか…誰か全く同じ内容のサイトで、プロフィールだけ「20歳女性」と「30代前半女性」にして、比較実験してみてくれないものか。
 ネット上のコミュニケーションで、「自分のほうが年上なのだから、言うことを聞け!」みたいな人も困ったものではあるんですけどねえ。
 僕がサイト上で全部本当のことを言っていると、信じているのですか?

アクセスカウンター