琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

御暖漫玉日記(1)

御緩漫玉日記 (1) (Beam comix)

御緩漫玉日記 (1) (Beam comix)

ついに「漫玉」の新刊が。
本シリーズは今までの「仲間とまったり」という雰囲気とはちょっと毛色が変わっていて、なんだか少し生臭さが強い感じがします。もちろんそれが悪いというわけじゃなくて、読み手としては惹きつけられるわけですけど。

まず、ぱそみちゃんとの別れがせつない。
結局、ぱそみちゃんと「した」のだろうか?とか、下世話なことを考えてしまったし、家に来たコマから急に時間がとんで、「一年ももたなかった」と書かれていたのには、省略されているだけ、よけい時間の重みがあって。
あと、玉吉さん(がモデルの漫画家?)と前の奥さんの諍いが、あまりにリアルで、あまりにどうしようもなくて、同じように共働きの彼女を持つ身としては、未来の自分を見せつけられているようで、ものすごく胸をしめつけられたのだった。

とりあえず、こんなに厚くしては、「2巻」はまた一年後か、とか思うとちょっと悲しいのだけど、とりあえず2巻まで僕も玉吉さんも無事であることを願っています。

アクセスカウンター