琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

金魚屋古書店出納帳(上)

http://www.s-book.com/plsql/com2_detail?isbn=4091885519

幼少時から本が大好きだった僕にとっては、すごく心に染みる漫画でした。なんとなく、自分の失われた記憶を辿っているような気持ちになってくるのです。お父さんの「ゴルゴ13」の話とか、泣けますよもう。本好き、漫画好きで良かったな、としみじみ感じてしまう作品。

アクセスカウンター