琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

グランド・マザー・カレー(CoCo壱番屋)

http://www.ichibanya.co.jp/menu/gentei.html

吉野家の牛丼が故障者リスト入りして以来、僕の食事ローテーションは、カレー、うどん、ラーメン、ほか弁、モスバーガーの5本柱によって支えられているわけですが、ココイチの期間限定商品だというこの「グランド・マザー・カレー」は、最近ちょっと気に入っているのです。確かに、昔母親が作ってくれた「バーモントカレー」的な味わいがあって、ちょっと懐かしい。カレー専門店が乱立して、スパイシー競争になっている昨今、こういう「家カレー」って、あんまり食べられなくなったしねえ。
それでも、僕が子どものころ食べていたカレーのほうが、なんとなく美味しかったような気もするんですよね。シンプルだけど、僕が大好きだったジャガイモが沢山入った、バーモント・カレー。
しかし、この「グランド・マザー・カレー」という名前には、結局孫の顔を見ることができなかった息子としては、ちょっとセンチメンタル中枢を刺激される面もあるのです。生きていたら、こんな「おばあちゃんのカレー」を、僕の子どもに食べさせたのだろうか?とか。

アクセスカウンター