琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

Blogのコメント

http://www3.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=335653&log=20050220

「気軽にコメントがつけられるblog」というやつに憧れてみたりもするし、もうちょっと反応が欲しいな、と思うこともあるのですけど、実際のところ、どう反応していいのか困るようなコメントの嵐にさらされるのは、僕の精神力と時間的余裕ではムリだと思います。
 Blogというのは、「気軽にコメントできるツール」だというのが世間一般の認識なのでしょうが、考えてみてください。書かれているコメントというのは、書いた本人にとっては、管理人への私信のつもりなのかもしれませんが、そのほかの人にとっては、「コンテンツの一部」なのです。つまり、「コメントの内容で、第3者は『お客さん』のつもりで書き込んだ、あなたの人格をあれこれ値踏みしている」ということです。レストランで店員にわけのわからないクレームをつけて威張っている客というのが、本人は店vs自分の世界だと思っていても、周りの客は、その人を見て「みっともない…」とか思うのと同じように。

というようなことを書くと、もともと閑古鳥blogなのに、さらに誰も来なくなるとです。じっぽです……

アクセスカウンター