琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

「優等生的」であるということ

http://d.hatena.ne.jp/satsuki566/20050323#1111564175

格好良く言えないのですが、「ああ、こういうのってわかるなあ」と思いました。
相手は「褒め言葉」のつもりなのかもしれないけど、それで傷つく場合って、けっこうあるような気がします(とくに子どもは)。

アクセスカウンター