琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

連載企画〜僕の中のダービーの記憶<5>

平成16年[第71回] 優勝馬:キングカメハメハ

http://keiba.yahoo.co.jp/derby/story/16.html

1 12 キングカメハメハ 牡3 57.0 安藤勝己 2.23.3
2 5 ハーツクライ 牡3 57.0 横山典弘 2.23.5 1 1/2馬身
3 17 ハイアーゲーム 牡3 57.0 蛯名正義 2.23.8 1 3/4馬身
4 14 キョウワスプレンダ 牡3 57.0 佐藤哲三 2.24.0 1 1/4馬身
5 13 スズカマンボ 牡3 57.0 武幸四郎 2.24.0 ハナ

去年のダービーは家でテレビ観戦だったのですが、僕にとっては記憶に残るレースでした。毎日杯での4コーナーの脚を観て「この馬は強い!」と惚れ込み、NHKマイルカップでは自信の本命(東京マイルのマイルCは、中距離でも勝てるくらいのスタミナがある馬が来ることが多いので)に応えてくれたキンカメ。でも逆に、マイルであんなに強いということは、2400mでどうか?という一抹の不安もあったのです。
過去には、マイルCを豪快に追い込んで勝ち、距離が伸びるダービーでもいけるはず!だったクロフネの惨敗ということもありましたし、やっぱりマイルと2400mは違うのではないか、という不安はあったのです。でも、一度惚れた弱みもあって、キンカメを本命に。
ひとつは、同じ父キングマンボでマイルCを勝ったエルコンドルパサーを「マイルで勝てるような馬だから」とジャパンカップで無視して痛い目にあったことを思い出したので。
そして、ライバルとされていたコスモバルクは、行きたがる性格と先行脚質で東京の長い直線は向かないと思っていたので切り、ダイワメジャーは、ああいう一本調子の競馬はダービー向きではないと判断して切ったのです。
馬券は、キンカメと青葉賞圧勝のハイアーゲームを死ぬほど買って、キンカメから一応バルクにもちょっと流したあと、しばし悩んだのです。
ハーツクライは、どうしよう?」と。
皐月賞ではほどほどに人気になったハーツクライは、ペースが合わなかったこともあり自慢の末脚不発の14着と大惨敗。折り返しの京都新聞杯は快勝したものの、やっぱり、「皐月賞からトライアルを使ってきた馬」というのは、なんとなく格下感が漂います。
でも結局僕は、最後の最後で「母馬の父が東京得意のトニービンだから」という理由でこの馬を買い足したのです。

レースは、4コーナーから仕掛けて直線の入り口で先頭に立ったキングカメハメハがそのまま府中の直線を押しきるというものすごい競馬で、僕は最初にキンカメが先頭に立ったとき「早い!」と思わず口にしてしまいました。まあ、結局は少しバテつつも、キンカメとハイアーの本命馬券ゲット!と喜んでいたら、大外から凄い脚色の馬が!!
結果的には、キンカメ1着で、ハーツクライがゴール直前で一気にハイアーゲームを捕らえて2着。自分なりに、いろんな過去の記憶をうまく利用できて、馬券でも「デキた!」という内容だったので、非常にいい気分だったのを1年経っても覚えているのです。

今年もマイネルジャパンハーツクライの競馬をしてくれれば、2着にはなれそうなんだけどねえ。

アクセスカウンター