琥珀色の戯言

3000冊以上の【書評】と500作以上の【映画感想】を、ちゃんと読んで、観て書いてきたブログです。話題になったあの本や映画の感想が、たぶんあります。新書、ノンフィクション、インターネット関連本が多め。

喪主争い

http://d.hatena.ne.jp/tragedy/20050601/p1

こういうのってやだなあ、と思うし、そもそも「喪主」なんてそんなにみんなやりたいのだろうか。親戚とか弔問の人とかにくだらない好奇心を丸出しにされたりとかしてムカつくことばっかりだぞあんなの。
中国の昔の王位争いじゃないんだからさ。

<葬式の嫌な人>
・いきなりお金の話をする人(いくら貸してた…とか)
・故人の死因をしきりに聞きたがり、おまけに「ワシは気をつけなければいかんのう」とか言って去っていく人
・あのとき検査していれば…とか、日頃疎遠なのに遺族を責める人
・やたらと「演歌の花道」みたいに「空も泣いています」とか言って、盛り上げようとするが単なる自己アピールの司会者
・いきなり形見分けの相談をはじめる遠い親戚
・なんかわからないけど厚化粧の女
・なぜか遺族に人生訓を垂れはじめる人

なんかねえ、僕は横綱とかタレントとかには、ならなくていいや(←というかなれません!)

アクセスカウンター